MENU

バイナリーオプションは本当に安全?おすすめできない4つの理由

目次

バイナリーオプションの始めやすいが危険

実際の為替レートが指定時間内に上がるか下がるかをハイかローの2択で選び、予想が当たればおおよそ掛け金の1.7〜2.0倍程の配当が支払われるといったもの。

難しい知識はいりません!

2択で選ぶだけの簡単な投資です!

そんな甘い言葉に誘惑されて始める人が多いですが…(筆者もその一人)

バイナリーはかなりギャンブル性が高く危険です。

バイナリーオプションを2年間実際に取引して実体験し、その後にFXに移行した筆者の実体験を元にバイナリーをおすすめしない理由をご紹介します。


バイナリーは世界的に禁止されている

バイナリーオプションは世界的には禁止している国が圧倒的に多いのをご存じですか?


禁止している理由をざっくりまとめると

・消費者のアカウントに一貫した損失が見られること

・個人投資家保護の観点

・バイナリーオプションの複雑さと不透明さの懸念

これらを挙げている国が多くありました。


バイナリーオプションはギャンブル性が高い

バイナリーオプションの販売禁止・無期限禁止・永久禁止をしている国が多数あります。

では実際にバイナリーオプションを禁止している国はどこなのかについては以下の記事をご覧ください。

バイナリーオプションはギャンブルであると考えています。

実際の為替レートを使っているので、これは投資だ!

という方もいますが実際にバイナリーを2年ほど続けたのちFXに転向してみて今の結論に至りました。

上記のバイナリーの禁止国が理由としてあげているバイナリーオプションの複雑さと不透明さの懸念が気になります。


勝ち負けを相手にゆだねるのはパチンコやスロットと同じ

バイナリーオプションとFXは2つとも為替の動きを予測してエントリーするので同じ投資として認識されています。

為替投資は注文(始まり)から決済(終わり)までが一つの区切りとして損益が決まるものですが、ここに両社の違いがあります。

簡単に言うとFXは自分で終わり(損益)を決定できるが、

バイナリーは決済(損益確定)が自分以外に委ねられているという点です。

厳密にいえばBO業者によっては転売という中途決済ができますが、配当率は下がります。

その配当率についての詳細は不明でどういう計算式で配当率が決まっているのかがわかりません。

その不透明な中途決済方法を除けば決められた時間で自動決済されてしまうので、

自分でエントリーできるが自分で決済できないような状態になっているのです。

実際同じ為替相場を使った投資でも筆者はバイナリーでは勝率30%台

FXでは始めた月の勝率で70%超えでした。


やまさん
初期投資として5万円用意できるのであればFX初心者から上級者まで幅広く選ばれているDMM FX で取引方法を覚えてみる方がいいのではないかと思っています。



2択だけど勝率50%ではお金は減っていく

仮にペイアウト率が1.89倍だったとして、利益を出す為には53%以上の勝率をださなければなりません。


仮に毎回10,000円でしてエントリーした場合に勝率53%で得られる利益は1700円です。


つまり100回エントリーして最短30秒で10,000円がなくなる恐怖を47回も経験して得られる利益は1700円ぽっちです。


もちろん100回中負けの回数が48回になった時点で赤字確定です。

大数の法則

大数の法則とは、十分な標本数の集団を調べれば、その集団内での傾向は、その標本が属する母集団の傾向と同じになること。もともとは確率論の定理。

例えば、投げて表が出る確率が50%というコインをn回投げるとする。このとき、nが小さいうちは、「n回のうち実際に表が出た割合」は50%にならないことも多いが、nが何百回、何千回と大きくなればなるほどほとんど50%になる(50%にならない確率が減っていく)。

出典:グロービス経営大学院 


大数の法則にしたがっていけばバイナリーでは取引回数が増えれば増えるほど損失が膨らんでいくということですね。


横行する投資系詐欺

バイナリーオプションに限った話ではないですが、

勝率〇〇%以上!

サインツールに従って取引するだけで月〇〇万円!

〇〇に登録で無料ツール・インジケータープレゼント!

などあらゆる謳い文句で勧誘してきます。

実際に高額ツールの被害でニュースにもなっているほどです。


バイナリーオプションツール詐欺

為替相場の値動きを予想して投資する「バイナリーオプション」と呼ばれる金融取引を巡り、「1年間で投資額の200%の利益が出る」といったうたい文句で、大学生が投資用の情報が入ったUSBメモリーを高額で購入させられるトラブルが首都圏で相次いでいる。購入者が友人を勧誘して拡大していくマルチ商法(連鎖商法)になっているのが特徴だ。53万円超のUSBを購入し、友人を勧誘したという東京都内の私立大学に通う男子大学生(21)が毎日新聞の取材に応じ、その実態を語った。【さいたま支局・中川友希】

出典:毎日新聞 USB購入が悪夢の始まり…「1年で200%の利益」マルチ商法、大学生被害続出


2019年12月22日にはこのような記事も話題になりました。


USBに限らずツール・攻略法・有料インジケーターなど様々な方法で投資初心者を狙ってきます。


全ての情報商材系がブラックというわけではありませんが、情報商材の多くは価格に対して不相応な商品であることが多いです。


バイナリーオプションの参入障壁の低さが投資に対する認識をおかしく(簡単に儲かるなど)させているのも一つの要因かと思います。


高額な矢印が出るサインツール

YouTubeなどで矢印が出たときだけエントリーすれば勝てます!

なんて謳ってるYouTuberもいますが、そのツールの販売価格は〇万円~〇十万円なんて値段をつけています。


それを今なら30万円→5万円!!と破格のお値段に見せていますが悪徳商法の常套手段です。


よく考えてください。5万円あったらなにができますか?


冷静に考えたうえでどうしてもサインツールを試したくて試したくて仕方ない!!


やまさん
そんな人はココナラで矢印の出るサインツールが1000円~販売  ので探してみるといいと思います。


いかがでしたでしょうか?

ですが運良く当たることはあっても継続性がなければ意味がありません。

仕事も投資も人生も努力なくして得られるものに価値はありません。


本当に投資として為替をやりたいと思うのであれば筆者は間違いなくFXをおすすめします。


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる