MENU

バイクの維持費は?排気量別で徹底比較!前編

晴れて免許を取得したけどバイク選びどうしよう?

 結婚して嫁子供ができたから節約しないとな・・・

 小さいバイクからステップアップで大型二輪取ったけど車検って高いのかな?

 などなど!安いとは言ってもお金はかかりますよね…

 消費増税でお財布は厳しい!奥さんが厳しい!

 やまさんだけじゃないはずです!!(切実)

そんなあなたの為に排気量別のバイクにかかる維持費をまとめました!

長編なので前半後半の二部作になってます^^

ぜひ最後までお付き合いください♪







1.自動車税と重量税

自動車税について

自動車税とは毎年4月1日の時点で自動車の所有者に対して課税される税金のことで、排気量別に金額が異なってきます。

自動車税の納付は毎年5月に自動車税納税の納付書が送られてきます。

コンビニやPay-easy(ペイジー)などで(車はネットでも!)納税することができます。

この納税証明書は車検時に最新のものが必要になるので必ず保管しておきましょう!

やまさん社会人になってからはGWを待ちわびるより、自動車税の納付書が届くのを恐れてますガ━━(゚Д゚;)━━ン!



重量税について

重量税とは、その名の通り車両の重量によってかけられる税金です。

重い自動車が公共の道路を走る時の劣化や瑕疵を補填するための税という意味で、重い車両ほど道路を痛める為、その度合に応じて税金を支払うというものです。

重量以外では燃費や排ガス規制区分(エコカー減税など!)、経過年数(古い車両は高くなります!)で税額が変わってきます。

自動車重量税はすべての自動車にかけられるもので、軽自動車や二輪車にも課税されます。

こちらの重量税は先ほどの自動車税と異なり、納付書は送付されません。

ではいつ払うのかというと主に車検時の継続検査法定費用として納付します。

一部例外的に126㏄~250㏄までの二輪車は新車登録時(のみ)に納税があります。

ハーレーの一番大きいクラスでも300~400キロくらいで軽自動車の半分くらいなんだし、300キロ未満は重量税いらないような気がするけど…(・・;)

2.自賠責保険と任意保険

自賠責保険

車両の保険には強制保険と任意保険の2種類があります。自賠責保険=強制保険です!

強制保険とはその名の通り加入しなければその車両で公道を走ることは違法です。

たとえ事故を起こさなくても、自賠責保険(共済)に未加入で運行した場合は1年以下の懲役または50万円以下の罰金、自賠責保険(共済)の証明書を所持していなかっただけでも30万円以下の罰金が科せられます。 また無保険での運転は交通違反となり違反点数6点が付され、即座に免許停止処分となります。 

出典:国土交通省 自動車総合安全情報 ~自動車の安全な交通を目指して~ 

かなり重たい罰則です!特にバイクでは積載スペースがないほぼない車両もあるので、

入らないしまぁいいか。なんて考えただけでも30万円以下の罰金が科される恐れがあります!

必ず携帯しましょう!((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス




任意保険

こちらもその名の通りですが、入るか入らないかはあなたの任意(自由)です。

しかし!!


任意保険にも必ず加入しましょう!


実際公道を走行していると予測不可能なことにたくさん出くわします。

いつ何時何があるかわからない。

この「何か」の中には、死亡・重篤な障害を負う(負わせる)そんなことも含まれます。

万が一そんなことになってしまったら、賠償金として〇〇千万・〇億円なんて支払いも実際にあった話です。

仮に毎月20万円を50年間払い続けたら…

20万×12か月=240万円

240万円×50年=1億2000万円

20万円だと現在の大卒初任給相当額です。

任意保険は年齢や保険会社の等級で金額は変わってきますが、やまさんが初めてバイクに乗って加入した保険が毎月1万円ほどだったと記憶してます。

その高い金額のまま払い続けたとしても(まずありえないですが…^^;)

1万×12か月=12万円

12万円×50年=600万円

これだけのお金で万が一に備えられることができるんです!

ちなみにやまさん峠道で轍の砂を踏んで全治1か月程の怪我をしたことがあります…

その時に自分の怪我にも保険が使えたので治療代は実費分は賄えました!

その時は保険の等級を下げてしまったのですが、現在は年間で26000円程の保険料しかかってません。

若いうちは1万円は大きな価値で惜しむ気持ちもわかりますが、

その1万円で1億円の負債を背負うリスクを消せると考えて先の人生に対する備えにしてください。

ブログのテーマ上お金の話に焦点を集中させましたが、

安全運転第一が自分も他人も守る結果となります

3.ディーラー車検とユーザー車検

車検はバイクでいうと250㏄を超える排気量の車両は2年に1回(新車時は3年後)継続検査というものを受けなければなりません。

国土交通省のサイトで見つけられなかったので引用はしませんが、車検切れの状態で公道を走行すると…

一発免停・懲役or罰金が科されます。

車検のある車両において車検切れ=自賠責切れの可能性はかなり高いのでそれだけで、

一発免許取り消し

なんてことも十分考えられるので絶対にやめましょう!

最初にしっかり脅しておきましたが・・・

車検の通し方はお店に依頼するディーラー車検(仮名)と自分で陸運局に行って検査を受けるユーザー車検があります。

正直車検費用は高いです。ディーラー車検の相場としては4万~8万円ほど。

車検時の整備ないようやサービスによって幅がもたれていますが、最低でも4万円を超えてくるところが多いようです。

一回にまとまった金額が飛んでいくのは確かなので、初めてバイクを買う際にはどれくらいかかるんだろう?やっぱ車検はないほうがいいかな?と悩みますよね。

まとめでも詳しく比較しますが、車検費用を安く抑える方法はあります!

ユーザー車検の詳しい受け方はこちら↓↓

前半はここまで!

維持費一覧表は後半で解説していきます^^
それでは後半もよろしくお願いします!

4.後半を見る

後半はこちらから↓↓

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる