MENU

バイクのユーザー車検での流れ【浜松編】

【前回記事】ユーザー車検にかかる費用はこちら↓

あわせて読みたい
バイクのユーザー車検にかかる費用は?【浜松編】 【バイクをユーザー車検で維持費用節約!】 昔からバイクが好きで17で初めて免許を取って21歳で免許を取り直しまして…いろいろありましたが、10台以上そして10...

今回の記事ではユーザー車検を実際に受けてきた手順や注意点について書いていきます。

筆者は浜松の陸運局で検査を受けてきたので、地域によって多少の違いはあると思いますが基本的なことは一緒なのでぜひ参考にしてみて車検代を節約しましょう!

目次

ユーザー車検の検査の流れ

ではここから浜松でのユーザー車検について7ステップに分けて説明をしていきます。

事前に予約や手続きが必要になるものもあるので時間に余裕をもってユーザー車検に臨みましょう。

①ユーザー車検の予約をする

まずはネットで検査予約をします!ちゃんと予約をしないと車検を受けられないので注意。

ユーザー車検は平日しか受けられないのでスケジュールに余裕をもって予約しましょう。

以下のボタンからサイトに飛べるので、新規アカウントを作成し、できたら上記画像の左側にある【検査の予約】選択。



予約内容の選択

予約内容の確認という画面が出てきたら【受験検査場の選択】から検査を希望する地域を選択します。

次に【検査種別の選択】から通常の車検を行なう場合は【継続検査】を選択。

ハンドルやシート、外装等の変更で高さや幅が変わるなど、車両に変更がある場合【構造変更検査】を選択してください。

最後に今回はバイクのユーザー車検なので【二輪車】を選択して【次へ】へをクリックして進みます。

予約日時の選択

予約時間にはラウンドと呼ばれる時間帯の区切りがあり、1~4まであり、それぞれの時間帯に〇・△・✖など記載されていて混雑状況を見られます。

筆者は〇のついたところで予約したのでもたつきながらも2時間程で検査を終えられました。

前後に△や×がついていると検査官も仕事に追われてる場合がありますので始めての方は、前後とも〇で空いているところを狙うといいでしょう。

受験者情報の入力

ここで受験者本人と車両情報を入力していくのですが、入力に不備があると受験できない恐れがあるので車検証を準備のうえ慎重に入力しましょう。

これ以降の画像が用意できませんでしたがこれでユーザー車検の予約は完了です。


②ユーザー車検に必要な書類を集める

次に必要書類を集めていきましょう。

ユーザー車検に必要な書類はこちらです。


・自動車検査証(車検証)*コピー不可

・(旧)自賠責保険証明書

・自動車納税証明書(最新のもの)

・点検整備記録簿(こちらからダウンロードできます


*点検整備記録簿は持ってなくてもあと点検でと言えばいいらしいです。

念のため自分で記載したものを持っていきましたが、筆者の時には提出を求められることもなく無駄に終わりました。

上記の4点は予約以前に準備できるものばかりですので事前に用意しておきましょう。

ここから下は当日でも用意することができますが、下見と当日の心に余裕を持たせる為に事前に取得することをおすすめします。


・自動車検査表

・自動車重量税納付書

・手数料納付書

・構造変更検査申請書(通常の継続検査では不必要)


当日の検査場所、上記の書類が置いてあるのはこちら(浜松市の場合)



駐車場の空いてるスペースに車両を置いて、入口から近い建物(事務所)の3番窓口で構造変更検査(継続車検)に必要な書類を下さいと伝えましょう。

継続検査の場合書類一式がカウンターの横に置いてあるのでここから持って行ってとお役所対応されるかもしれませんがメンタルを強く持ちましょう。

ここで受け取った用紙に必要事項を記入していくのですが、これが見た目で圧倒されるかもしれませんが、車検証とよく照らし合わせて記入していけば問題ないのでゆっくり丁寧に書き進めましょう。

筆者も初めての経験でしたが不備なく提出できたので心配することはないですし、万が一不備があっても呼ばれても『ここ直してくださいね~』と言われるだけなので恐れずいきましょう。

③自賠責保険の更新

先ほど書類をゲットした建物(事務所)の隣にある建物(会議所)で、【行政書士代書】と書かれているカウンターで【自賠責の更新】をお願いしますと伝えてください。

車検証を見せればどの長さで入るといいか教えてくれるので特にこだわりがなければお任せしてお金を払うだけで大丈夫。

筆者が行った時は他に誰もいなかったので、すぐ取り掛かってもらい5〜10分で手続きを済ませることができました。

ここでGETした(新)自賠責保険証明書も必要になるので持っていきます。

④検査手数料・重量税の支払い

自賠責の更新が完了したらすぐ後ろのカウンター(13番窓口)で検査手数料及び重量税を納付します。

こちらも車検証を見せればいくらか教えてくれるのでお金を払って印紙を貰います。

印紙を貼る場所は職員に聞けば先程集めた書類のここだよと教えてくれますので確認して、間違えないように注意しましょう。

これで書類の準備は全て終了です。

⑤書類を提出して車両の検査をする

以上の書類を全部クリップでまとめて最初に書類をもらった窓口へ提出しに行きます。

書類のチェックが終わるのを近くのイスに座って待ってて、呼ばれたら書類一式を持ってバイクごと検査レーンへ行きます。(浜松は1番右のレーン)

ここで検査官に書類を渡して、言われるがままにウインカーやライト切り替えなどを操作して目視検査をしてもらいます。

終わったら次は機械検査ですが、検査官に初めてなので教えて下さい!と伝えたところぶっきらぼうに教えてくれました(笑)

中の撮影ができないので説明が雑ですが…ボタン操作して、あとは電光掲示版に沿って操作していきます。

自分のバイクが、前輪・後輪のどちらがスピードメーターに繋がってるかを事前に確認しましょう。


ちなみに筆者はそんなもん前輪に決まってんだろ!と勢いよく行って計測してみたらスピードメーターが反応しないという結果になりました。

やり直しもできるのですが時間を無駄にしないように確認しておきましょう。

無事検査終了したら検査表(1枚)を左奥にある機械に通して記録します。

記録が終わったら車両を駐車場に戻して、検査レーンの隣にある建物(総合判定BOX)に最初にクリップ留めした書類一式を提出します。

スピードメーターの裏話

実はこの検査時、スピードメーターの誤差を計測したらメーターピッタリで止めたら×判定が出てしまい…

この場でメーター誤差の修理なんて筆者にはできないし、後日来るのも非常に面倒だったので3回までリテイクできるのを有効活用してメーターのピッタリの前後で止めて無理やり〇判定をもぎ取りました。

*車検後すぐにしっかりとプロに整備してもらいました。

スピードメーターは、誤差なく正確にスピードを表示しているとは限りません。「道路運送車両の保安基準第2章及び第3章の規則の適用関係の整理のため必要な事項を定める告示 第五十七条二の二」からの引用では以下の様に記載されています。

「速度表示灯の表示の誤差は、平坦な舗装路面で、速度三十五キロメートル毎時以上において、正十五パーセント、負十パーセント以下であること。」

このように、時速35km以上の速度では+15%、-10%の誤差でなければいけません。また、車検の保安基準でも実速度とメーター誤差の詳細が決められています。

  • メーター40km/hに対し実速度30.9~42.55km/h(平成19年1月1日以降製造)
  • メーター40km/hに対し実測度30.9~44.4km/h(平成18年12月31日以前製造)

保安基準よりもずれていた場合は、車検にも通らず、道路交通法に違反してしまいます。

引用元:https://www.goobike.com/magazine/maintenance/cost/42/

⑥構造変更検査(必要な方だけ)

その後車両を総合判定BOXの横に回せと言われるので、車両を持って検査レーン5番の奥まで進めます。

そうすると総合判定BOXの横にたどり着くのでその場で待機。

しばらく待たされたのち、中から検査員が出てきて寸法やら重さやらを測ってくれて終了。

車両を駐車場に置いて再び総合判定BOX内で待機。

無事合格したら書類一式を持って最初に行った事務所へいきます。

⑦車検証の受け取り

まず事務所の1番窓口で左側にある発券機から2枚の引換券をGETします。

1枚は手元に、もう1枚は先程返却された総合判定BOXで合格印の押された書類一式とセットにして提出

あとは電光掲示板で引き換え番号が呼ばれたら真ん中の窓口で新しい車検証とステッカーをもらって全て終了!

所用時間は12時半頃到着して14時頃全てが終わったと思います。

途中進み方や場所が分からなくてかなりのロスタイムがあったので、混み具合にもよりますが段取りよく進められればもっと早く進められるはずです。


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる